無垢材と漆喰の健康住宅 無垢材と漆喰の健康住宅

無垢材と漆喰の健康住宅

無垢材と漆喰の健康住宅「木の家」の良さをご存知ですか?

木材は人にやさしい

森
木材は、断熱性が高く、調湿作用があり、目に与える刺激が小さいなど、人に心地よい感覚を与える素材です。
木材は、空気中の湿度が高いときには水分を吸収し、湿度が低いときには水分を放出するという調湿作用をもっています。このため、木材を建物の内装などにたくさん使うと、部屋の中の湿度の変動は小さくなります。室内を適度な湿度に保ってくれます。

断熱性や衝撃に対する安全性が高い

木の家
木材は、無数の細胞からなり、そのひとつひとつに熱を伝えにくい空気を含んでいるため、コンクリートなどに比べ高い断熱性をもっています。
木材、ビニールタイル、コンクリートを床材にして、足の甲の皮膚の温度変化を測定すると、コンクリートがもっとも足が冷え、木材がもっとも冷えなかったという結果が得られています。また木材は、パイプ状の細胞が柔軟に変形してクッションのような役目をするので、例えば、大理石に比べて2~3倍の衝撃吸収能力があります。
このため、床や壁に木材を上手に使用することは、転倒などによるけがの防止につながります。

目にやさしく、音をまろやかにする

木材は、紫外線をよく吸収するため、木材から反射する光にはほとんど紫外線は含まれません。
紫外線の反射が少なければ、目に与える刺激も小さくなることから、木材は目やさしい材料であるといえます。また、木材は、音を適度に吸収してまろやかにし、心地よく感じる範囲に調整してくれます。
木材を使った部屋は「音がいつまでも響かず適度に反射する」ので音が聞きやすいといわれています。

木材は健康に良い

木材は、人の生理面や心理面に良い影響を与えることが知られています。例えば、特別擁護老人ホームでの調査によると、木材を多く使用している施設では、インフルエンザにかかったり、転んで骨折をしたりする入居者が少ないという結果が出ています。

z-6 資料:伊藤他、静岡大学農学部(1987年)

上の図のように、木材が健康に良い影響を及ぼすことは、マウスによる実験でも確かめられています。
マウスを使った実験では、木製の飼育箱で生活するマウスの方が、金属やコンクリートの飼育箱より生存率が高い結果が出ています。体重の変化を見ても同様です。



無垢材と漆喰の健康住宅やさしい壁の家

ヨーロッパの天然塗り壁材

ヨーロッパ漆喰
エスタコウォールは中世から続くヨーロッパ伝統の塗り壁材。
ヨーロッパの大地で採掘された石灰石が主成分の自然素材の為、室内壁・外壁の全てに使える塗り壁材です。
提携しているヨーロッパの製造メーカーと常にお互いの知識や技術・情報を交換し、エスタコウォールがより日本の気候風土に適し、さらに性能・機能が充実するように共同で商品の研究・開発を進めています。

化学物質を吸着する壁

多孔質素材のエスタコウォールはシックハウスの原因といわれるホルムアルデヒドやVOC揮発性有機化合物を吸着します。
エスタコウォールは空気中の二酸化炭素との化学反応で、長い年月をかけて石灰石にもどっていきます。そのため、エスタコウォールの主成分の水酸化カルシウムが石灰石にもどるまでの間(一般には100年といわれています)はホルムアルデヒドを絶えず吸着し、形成されるギ酸カルシウムを固定化し、再放出しない効果が得られます。

夏は涼しく、冬は暖かい

エスタコウォールは多孔質構造で、断面が呼吸し続けます。外壁に使用した時、真夏のように大気温度が高い場合は壁面に受けた熱を放熱します。
また、逆に真冬のように大気温度が低い場合は蓄熱します。室内壁に使用した場合、冬場の室内温度を温かく保ちます。これはエスタコウォールの多孔質構造が空気の層をつくることで蓄熱すると思われます。
エスタコウォールは日本の気候風土(高温多湿気候)に適した壁材といえます。

殺菌効果

エスタコウォールの主成分である消石灰はアルカリ性のため殺菌効果があります。
PH9~11のエスタコウォールは、一般に弱酸性が最適な繁殖環境といわれているカビの発生を抑止します。全く虫を寄せ付けないわけではありませんが、ダニなどに対して自然の防虫効果が見込まれます。

無垢材と漆喰の健康住宅日本に適したWB工法

日本の風土には、特有の高い湿度と夏冬の温度差といった特徴があります。この過酷な環境の中で家の健康を維持するには、湿度による蒸れ腐れを解決しなければなりません。
WB工法は、木の呼吸(調湿能力)で余分な湿度をなくしました。木そのものが家の湿度を調節して、夏冬問わずほぼ一定に保つことができます。これは自然の恵みを最大限活かす日本建築ならではの機能です。
さらにWB工法では、自然な通気構造を組み込んで、家自身が呼吸しているような快適性を追求しました。
結果的に蒸れ腐れの心配はなくなり、結露知らずの丈夫な家が実現したのです。現代の住宅がめざす健康・高耐久・省エネのヒントは、日本の伝統的な家づくりの中にあったのです。

湿気

その確かな技術と成果は、大臣認定へ。

この度、通気断熱WB工法の透湿・透過構造の考え方が、国に認められました。
WB工法は透過のチカラによって、室内のホルムアルデヒド濃度評価基準0.08ppm以下をクリアします。
家の構造から健康・省エネ・耐久性を追求した革新的な発想。その成果が大臣認定へとつながりました。

医療の立場から考察する通気断熱WB工法の優位性

長野県上田市 い内科クリニック 井益雄 先生

長野県 い内科クリニック 井 益雄先生

最近、得体のしれない湿疹や慢性じんま疹、アトピー性皮膚炎などに、高気密住宅が関係している例をよく見受けます。
これは住宅の悪化した空気環境による皮膚の退化(温度調節や発汗機能の低下)が原因でしょう。さらに高気密住宅の淀んだ空気を吸い続けていると、慢性疲労や頭痛、不眠症といった症状もあらわれます。
これに対しWB工法は、適度に暑さ・寒さを体感でき、程よい湿度を保ってくれ、きれいな空気に満たされています。文字通り「通気断熱」の住宅です。私も住んでみて初めて実感しました。
この家は心と体に健康を与えてくれます。自信を持って医師からおすすめできる健康住宅です。