こだわりの家づくりケイハウス こだわりのオプション【呼吸する家 WB工法】

呼吸する家とは?

WB工法は国土交通大臣認定

呼吸する家(通気断熱WB工法)には、Wouble=建物の中の2つの通気層がBreathing=人が呼吸をするように、機械にたよらず、家そのものが汚れた空気を外に出し、温度を調節する特長があります。

こだわりの家づくりWB工法の魅力

WB工法は住宅造りを大きく変えるとともに理想の工法

WB工法は住宅造りを大きく変えるとともに理想の工法が形になったと言ってもいいでしょう。なぜなら、断熱・気密・換気という複雑に絡み合う問題を一気に克服したのです。日本の住宅は新しい時代を迎えました。

こだわりの家づくりWB工法で夏涼しく、冬温かい住宅

夏涼しくて冬暖かいビニールクロス貼りの部屋にいると、汗がとても気になります。ところが伝統的な土壁の部屋では、空気がサラッとしていることに『ハッ』と気付きます。冬の木造住宅は底冷えがひどく、コールドショックも起こりやすいと言われてきましたが、研究の結果、その原因が何なのかを突き止めることが出来ました。「空気の適正な制御」が夏は暑く、冬寒い木造住宅の問題点を解決してくれます。

WB工法で家そのものを空気清浄機に!

私たちはこれまでシックハウス症候群が問題となる以前から「透湿通気断熱」を研究してきました。 この「透湿高気密」という技術は、家をしっかりと断熱・気密しながらも、室内におけるホルムアルデヒドを基準濃度以下に押さえるメカニズムを持つ独自の通気構造によって実現したものです。この「透湿高気密」が人の健康を支える次世代の技術として初めて公の場で認められたわけです。 呼吸する家(通気断熱WB工法)が日本の住宅の主流となる日も近いと考えています。

高気密は本当に高性能?

これまでの日本の住宅は、冷暖房の効果を高めるために、【高気密化】が推奨されてきました。しかしこれは温度と同時に、湿度も化学物質も臭いも家の中に閉じ込めることになりました。
閉じ込めるイメージ 気密化を高めるというのは、ちょうど家全体にビニール袋の中に密封してしまうのに似ています。

高気密住宅って




●電気・ガス・石油による強制的な冷暖房が必要

●壁の中での結露

●湿度過多による建物の蒸れ腐れ

●カビ・ダニの発生と科学物質の滞留

※シックハウスの原因にもなります。

WB工法は国土交通大臣認定

呼吸する家(通気断熱WB工法)には、Wouble=建物の中の2つの通気層がBreathing=人が呼吸をするように、機械にたよらず、家そのものが汚れた空気を外に出し、温度を調節する特長があります。

こだわりの家づくりなぜ高気密ではなく、通気断熱WB工法なのか

シックハウスにしないため。人が息をするように家にも呼吸が必要です

高気密住宅では合板ベニヤやビニールシートで全体を覆い、壁や柱にも密閉度の高いものを使用します。これは人間でいうと、皮膚呼吸も気管呼吸もできないのと似たような状況です。空気が入れ替わらず、水分の放出もできていないのと同じです。これがシックハウスの大きな原因になっています。

シックハウスでは、放出できない水分が結露になります

結露は空気中に含まれている水分が水滴となって付く現象です。結露を放っておくとカビやダニの発生につながっていきます。ダニはアトピーやアレルギーの原因にもなっています。さらに恐いのは結露が住宅を傷つける原因にもなっていることです。一般的に見落としがちなのが壁の中の結露です。この壁内結露は住宅を支えている土台や柱などを腐らせる原因にもなっています。

シックハウスの家の中には化学物質がいっぱい

ホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、パラジクロロベンゼン等の化学物質がシックハウス症候群の原因として問題視されています。これらは気密化を高めれば高めるほど、逃げ場を失い、住宅内に充満していくことになります。症状はさまざまで、頭痛、吐き気、手足のしびれ、呼吸困難などが知られています。これらを解決するためには、家の構造自体で空気を入れ替え、湿度や温度の調整をすること、つまり呼吸をすることが必要なのです。

こだわりの家づくり夏涼しく、冬暖かい。

2つの通気層と、自動開閉する喚起口が、家全体を自動的に調節。 夏は熱を外に出し、冬は外の冷気をシャットダウンします。

夏は涼しく-呼吸する家(通気断熱WB工法)

暑い日には、各所の通気口が自動的に開き、自然な換気をします。 床下通気口から入り込んだ外気が、床下地面の冷気とともに第2通気層を上昇してハットヘルスから排出される冷却層をつくり、外部通気層や屋根裏通気層は日差しによる熱を遮断することで、家全体に涼しさをもたらします。





冬は暖かい-呼吸する家(通気断熱WB工法)

寒い日には、各所の通気口が自動的に閉じ、保温効果の高い住まいにします。第2通気層は保温層となり快適な暖かさを保ちながら、透湿性の部屋壁や木材とともに呼吸効果を発揮し続け、健康的な環境を維持します。冬場の大敵、結露も起きません。





こだわりの家づくり家全体が空気清浄機

従来の高気密断熱住宅では、室内の湿気や臭い、有害な化学物質までも閉じ込めてしまいます。「呼吸する家」は壁に透湿気密という物質を持たせることで、室内の環境をクリーンに保ちます。

健康住宅で空気がきれいになる

通気層に空気が流れることにより、室内の空気層との間に気圧差が生まれます。この気圧差によって、ホルムアルデヒド、トルエン、キシレンなどの有害物質や湿気が、透湿層の外に吸い出されていくのです。(信州大学・九州大学の実験結果より)

健康住宅(通気断熱WB工法)でホルムアルデヒドの減少

ホルムアルデヒドが湿気と共に、透湿性の壁を通して屋外に抜けていったため、通気性と透湿性のある建物では、約48 時間後には厚生労働省の指針値(0.08ppm)以下に下がっている事が確認できます。