1. 会社概要

    ケーアイ・シーの会社概要です

  2. 代表あいさつ

    代表取締役 中嶋剛生プロフィール

家族の健康は「家の工法」で守る時代

私の娘も喘息とアトピーで苦しみ、特に小学生の時は半分以上、入院生活をしました。ですから「人に優しい家づくりとは何か?」というテーマは決して他人事ではなかったのです。2002年10月、当時はまだ知られていなかった通気断熱WB工法と出会いは衝撃でした。すぐに現場を見学し、その翌日には導入を決定しました。以来、独自の研究と工夫を積み重ね、他社にはない施工技術を確立させることができました。

人が呼吸をするように、健康な家は呼吸をします

古来より日本の伝統的な木造建築は、夏過ごしやすいことが重視されてきました。夏過しやすい家とは、風通しが良い家のことを言います。WB工法は、この「風通し」を「通気」という形で住まいに取り入れました。また、冬の寒さに対しても効果を発揮します。冬の極端な寒さは、血管疾患を招き命に関わる事もあります。冬の暖かさを保つためには、「断熱」が不可欠です。WB工法では充分な断熱性を確保しております。本来、通気と断熱は相反する状態であり、両立する事は大変難しいとされてきました。しかし、WB工法はこの通気と断熱を両立し、夏冬快適な環境を作りだします。

ケーアイ・シーのオリジナル健康住宅

家も人と同じように呼吸をしなければ健康に住むことはできません。気管支呼吸のように壁の中に空気を通して、皮膚呼吸と同じく壁から湿気を排出する。この二つの呼吸で室内の有害物質を排出しクリーンな室内環境を作りだすのです。しかも電力や機械を使いません。家の構造で、自然とそうなるのです。 私たちはこの優れた工法を、より効果的に、より安く施工するためにオリジナルの技術研究を重ね、「呼吸する家」として広く実績を積んでまいりました。本当に価値ある家に、健康に、長く、住んで欲しい。これがケーアイ・シーの願いです。